業務案内

  • あなたのご商売やビジネスを守り、さらに飛躍していただくために…

1.知的財産の権利取得・権利侵害回避のサポート

知的財産権は事業の武器であり,かつ地雷です。
他人の実施(使用)を制限できる強力な武器になり,権利の侵害を生じ事業継続を困難にさせる地雷になります。権利を取得して安心して使いましょう。

 

*商標の部屋*
商標:ネーミング・ロゴ・色・メロディなど⇒商品等の「目印」であり,事業の「顔」です。使い続けることによって信頼を生みます。他人が登録した目印を勝手に使うと権利侵害となる場合があります。商標,取り扱う商品・サービスなどが確定できれば,当日出願もできます。

*意匠の部屋*
意匠⇒商品・製品(部品や一部分も含む)の外観デザイン(形状・模様等)です。機能だけではなく,デザインが売上に大きく影響を与えます。

*特許,実用新案権の部屋*
特許・実用新案⇒技術的アイデアです。小さなアイデア・改良技術でも権利が与えられることがあります。その権利はネットワークを生み,従業員のやる気を起こさせ,交渉を有利に導く等,会社の貴重なツール・財産となります。

*著作権の部屋*
著作権⇒審査無しで権利が発生しますのでトラブルになりがちです。著作物の創作年月日や著作権の譲受日を明確にしておきましょう。

 

2.知的財産をトータルで守り,活用するためのアドバイス

知的財産には多くの種類があり,それぞれ保護の対象・保護の観点が異なります。特許だけ,意匠だけ,商標だけではなく,これらを総合的に活用することが大事です。特許と意匠,特許が難しそうであれば,意匠での保護,まずは商品・製品を覚えてもらうための商標をトータルでコーディネートしましょう。何をすべきかお気軽にご相談ください。

産業財産権特許庁HP引用枠

*多面的保護の部屋*

 

3.海外マーケットに対応

今後のマーケットは海外(特に,東南アジア)では?Cその商品・製品は海外で喜ばれるものでは?

海外で(海外へ)商品・製品を製造・販売するなら,海外でお店を開くなら,その国での権利が必要です。後で嘆いて手間をかけたり,その間売れなくなったりするより,まず先に登録しておくのが一番安くて楽です。信頼できる現地代理人と協力して海外でも守ります。

 

banner_small

 

 
*海外出願の部屋*

*アジアでの商標登録*

 

4.お店の開業・会社設立準備・製品化・販促のお手伝い

飲食店の営業許可,外国人雇用,会社設立時の定款の作成からサポートします。
ネットワークを活用して,知的財産権を生かしてご商売を進める際の製品化や販売促進のためのお手伝いをします。

 

具体的業務のご案内

*商標登録のお手伝い
§ほそぼそとやっているから関係ない,ということはネット時代では通用しません。
§少し儲かってから,だと先に登録されて信頼を得ている商標を変えることになるかもしれません。
§何かあったら変えればいい,では常連客は作れません。

事業をなさるなら,まず商標登録です。
人の商品・製品・サービス,他社,他店と区別して覚えてもらわなければなりません。
事業に対応した内容で登録され,安心してご商売をなさり,時には他人の侵害から商標を守って信頼を高めてブランド化してください。
一般的だと思われる名称でも登録できる場合があります。誰かが使っている商標でも,商品やサービスが異なれば登録できる場合もあります。

拒絶理由通知が届いたからといって諦めないでください。
意見書で反論したり,指定した商品・サービスをアレンジしたりすることで登録になる場合もあります。

日本における信頼を守るため,海外での商標登録が大事となる場合もあります。アジアでの商標登録  

意匠登録のお手伝い
§新しい商品・製品のデザイン(外見など)を模倣から守って,売上を伸ばして利益を得てください。そしてその利益でさらに良いデザインを生み出してください。
価格設定や納期設定することも可能になります。
§少しの形状の違いでも登録できる場合があります。商品・製品の全体の一部に,これまでにない形状があれば登録できる場合もあります。
§特許は取れなくても,その形状が新しいものであれば,意匠登録で守ることができます。
ご相談ください。

*特許出願,実用新案権取得のお手伝い
§大袈裟なもので無くても,一部の改良で特許が取れる可能性があります。
従来は出来なかったが,このようにすればできた,といった技術的な工夫があればご相談ください。
§会社の財産として,会社の価値・信頼を高めるためにも特許権をご活用ください。
実用新案権は早く,安く権利化でき,技術的な価値があれば権利行使も十分可能です。

*海外での品種登録のお手伝い
育成者権の主張は,特許権と同様に国ごとです。大事な日本の品種を海外でも守りましょう。現地での商標登録のお手伝いもいたします。

*調 査
《商標》
特許庁にその商標を登録申請(出願)をしたら登録OKになる可能性を検討し,ご報告します。
他で登録は難しいと言われて諦めたくない方もどうぞ!
貴社,貴殿の事業のことを考えてお調べします。
同一又は似ている他人の登録商標や現在出願中の商標もご報告します。
商標のアレンジも含め,可能な限り,登録対策をご提案します。

出願をして登録できるかどうかの審査結果が出るまで約9~11か月!
審査で登録OK!を待って使い始めるのが理想です。
しかし,待てない場合もあります。すでに商標を使っている場合もあります。
そのような場合に,ネガティブな結果が予測できれば事前に又は早めに別の商標に変える,商標をアレンジする,といった対策が取れます。

国内での調査の他,海外での登録可能性の調査もいたします。

サイト内のどれが商標で何に登録すべきかがご不明な場合もご相談ください。

《意匠》
この分野でこのような商品・製品のデザインを考えようとする前に,すでに特許庁にどのような意匠が登録されているかをお調べし,ご報告します。
どのような意匠が類似するのか,しないのかの判断材料にもなります。
また,すでに商品・製品が出来ている場合,他人の意匠権を侵害しないか,登録になりそうか,を特許庁の登録データを下に調査し,ご報告します。
無駄な出願・投資・事業化の回避,権利侵害を回避できます。

《特許・実用新案》
結構,似たことを考えている人は世の中にいるものです。すでに特許庁に出願され,登録されている技術は山ほどあります。誰もが使っている技術だとか,こんなものに特許なんてない,と思われても,意外と特許権が存在し,ライセンスで実施されている技術もあります。
無駄な出願・投資・事業化の回避,権利侵害回避のためにお勧めします。

*飲食店開業・会社設立のお手伝い
・在留資格の取得 (経営・管理,技術等) 外国人コックさんを雇うなら国内外で10年の在職証明が必要です。なお,お店の名称の商標出願・登録をしていることは在留資格取得に有利に働くことがあります。商標の登録は一定条件下で4ヶ月程度でできます。

*権利維持管理(更新,年金納付等)
・商標権の更新手続をします。(10年間,5年間)ご使用になっている商標には信頼が化体しています。絶対権利を切らしてはならないのれんもあります。忘れずに!
・取得された権利の年金を納付します。
・大事な商標権,意匠権,特許権が失われてしまわないように期限を管理します。

*権利状況診断
・貴社の事業内容と登録済の権利内容とをチェックします。
≪例:登録を受けた商品が適切なものかどうか,貴社の事業が権利でカバーされているか等≫
「生の果実」は第31類,「冷凍果実」や「乾燥果実」,「ジャム」は第29類
果たして,その商標登録は貴社,貴社事業の実態に即しているものでしょうか?少しズレていませんか?不足していませんか?

 *警告・回答書作成,輸入差止
・他人の無断使用・実施に対する警告書の作成
放置しておくと不利に扱われる場合があります。大事な権利を守りましょう。
・警告を受けた場合の回答書の作成
確かな警告内容なのかどうか検討し,不合理な警告には毅然と回答します。
・内容証明・配達証明郵便による送付 
そんな書類は受け取っていない,見ていないなどど言われないようにします。
・日本に商標権,意匠権があれば,税関でチェックし,差し止めをしてくれるように頼みます。模倣品の流入防止をしっかりとしておきましょう。

*契約書作成
・専用・通常実施権・使用権契約,育成者権の専用利用権・通常利用権契約,特許権等の譲渡契約等
権利の有効活用ができます。自分では実施できなくても,他人に実施させて利益を得ることもできます。
要らない権利でも,他人が必要としている場合にはその権利を譲渡することもできます。
相続でばたばたする前にあらかじめ権利を承継させておくことも大事です。
もめる前に契約書を作っておきましょう。絶対譲れない部分だけでも書面にしておきましょう。仲が良いうちに!
なお,一方的に有利な契約書にならないように注意が必要です。
・和文又は英文で契約書を作成します。

*著作権のご相談
諸々のご相談を伺います。契約書(著作権譲渡,利用許諾等)を作成します。

*その他
*出願人の名義変更,登録名義人の変更登録,住所,名称の変更登録等
 変更せずに特許庁からの書類が届かないと問題が起こる場合もあります。拒絶理由を解消する手段として出願人の名義変更を行う場合もあります。

*商標権その他の移転の登録申請
お譲りになる,承継を受ける権利を特許庁に登録します。特許庁に登録しないと移転の効力が生じません。

 
*登録原簿取り寄せ
他人が持っている特許権等は譲り受けることができます。他人の権利にライセンスを設定・許諾してもらうこともできます。また,他人の商標登録を取り消すことが出来る場合があります。
まず,その前に大事なことは,その権利の状況確認です。警告する場合,警告された場合にも同様です。権利の全部又は一部が消滅していた!ということもあります。権利の内容,その権利の存在に間違いがないかどうか。あらかじめ現況を確認しておきましょう。
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)のデータでは不十分です。

*他社出願書類の写しの取り寄せ
相手の主張していることが,出願段階で提出された意見書や審判請求書の中で主張したことと齟齬がないかどうか,を確認します。
 
*他人の登録商標の登録取消(不使用取消審判請求)
登録しただけで使っていない商標は一定条件下で登録を取り消すことができます。拒絶理由通知を貰っても,そこで示された他人の登録商標を取り消すことで貴社商標が登録を受けることも可能です。使われていない商標はたくさんありますので,諦めるのは早いです。不使用取消審判を請求してから,相手と交渉し,相手の権利を安く譲ってもらうことも可能な場合があります。

 
*他人の商標登録取消・無効(異議申立・無効審判),情報提供
審査官が似た商標を登録してしまう場合があります。そのようなことを排除するための情報提供,登録してしまった後は異議申立,無効審判を請求します。

*知的資産経営報告書の作成 
貴社の強みを整理して,金融機関からの融資や事業計画に生かしましょう。

  お問合せフォーム⇒