商標の部屋

*商標*
ネーミング・ロゴ・色・メロディ・立体形状など
⇒商品・サービスの「目印」であり,事業の「顔」です。顔は,異なることで他人の商品,サービスを区別し,使い続けることによって信頼を生みます。

*商標登録のメリット*
(1)積極面:
 ○今は元気な社長,会長が変わったら、会社の目印はどうなりますか? 商標権は会社の目印として働いてくれます。
 ○
自社の商品・サービスを商標を手掛かりに選んでもらえる。
 ○商品等の良さを商標で記憶してもらえる。
 ○使い続けることでブランドとなり,値段ではなくて商標で選んでもらえる。

(2)消極面:
 ○他人の権利を侵害せず,安心して商標を使用できる。

*商標登録の必要性*

・これから商標を採択し使用されたい方へ

すでに他人が登録している顔(商標)を選ぶことは避けて下さい。
商標権の侵害になります。
大事な商標を変えなければなりません。名刺,チラシ,看板を廃棄し,ホームページも作り変えなければなりません。損害を賠償する義務が生ずる場合もあります。

?どのようなネーミングにすべきか?

「カルピス」が「牛のおしっこ」に聞こえてしまうようなネーミングは不味いです。
誰に,どんな商品・サービスを,どんな地域に販売するのかなどを十分検討してネーミングしないととんでもないことになります。
この点も十分検討しましょう。

・現在,登録せずに商標を使用している方へ

危ない橋を綱渡りしている状態です。出願をお勧めします。
原則,他人が似たものを登録すれば使えなくなります。
あなたの店の近所に似た店名で商標登録を受けている同業のお店が出来たら,お店の名前を変えることになるでしょう。
形状の無い商品を売るサービス業こそネーミング・ロゴが大事です。

商標登録で「顔」を守ってください。そして,商品・サービス,会社自体をブランド化して安値競争から離脱しましょう。
私たちは,魅力があって,安心して使い続けることができる商標を適切かつ確実に登録するお手伝いをします。
また,出願方法や出願・登録された商標の適切な使い方・表示に対するアドバイス,商標登録後の無断使用に対する警告・権利行使もいたします。

「登録できません。残念でした。」と返金してもらっても大事な時間は戻らず,魅力ある商標はいつになっても登録できません。

(1)商品・サービスの区分 
   商標出願の際は,区分とその区分に属する商品・サービス(役務)を指定します。

(2)商標Q&A(出願段階編)

(3)商標Q&A(中間段階編)

(4)商標Q&A(登録後の段階編)

(5)アジアでの商標登録
    中国,香港,台湾,ベトナム,シンガポール,インドネシア等に出願する場合の費用を記載しています。
   これ以外の国,欧州,カナダなどについても出願いたします。

 
(6)出願業務の流れ
   お打合せから始まるやりとりについて記載しています。

業務内容のご案内⇒