商標Q&A≪登録後の段階編≫ 

今後、適宜、加筆、修正、図の追加、見やすくアレンジ等いたします。 ご参考になれば幸いです。

質問

Q1.商標登録とは?
Q2.商標権とは?
Q3.商標権の長さは?
Q4.商標権の効力とは?
Q5.他人が勝手に使用をしているようですが?
Q6.商標権の類似範囲とは?
Q7.商標が類似するとは?
Q8.外観が紛らわしいとは?
Q9.称呼が紛らわしいとは?
Q10.観念が紛らわしいとは?
Q11.無料の検索サイトで類似の判断は可能ですか?
Q12.商品・役務が類似するとは?
Q13.商標の使用とは?
Q14.日本の特許庁に商標登録すれば海外にもその効力は及びますか?
Q15.登録から10年後の商標権の更新に必要な手続は?
Q16.なぜ商標にだけ更新制度があるの?
Q17.登録した商標を一部変更したいのですが?
Q18.登録異議申立制度とは?
Q19.商標権は譲渡(売買)できますか?
Q20.商標のライセンスはできますか?
Q21.商標は一定期間使用しないと取り消されますか?
Q22.不使用取消審判とは?
Q23.商標公報とは?
Q24.登録料を分割して納付できますか?
Q25.登録後に住所が変わったのですが?


以下、ご回答いたします。

Q1.
商標登録とは?

出願(登録の申請)した商標が特許庁に登録されることです。
出願した商標は特許庁が登録可否の判断をします。登録OKとされた商標は,登録料の納付を待って商標登録原簿に登録されます。その後,商標権が発生します。
KARINかりん登録証

質問に戻る。

Q2.
商標権とは?
指定した商品・役務(サービス)について,登録を受けた商標を商標権者が独占的に使用することを国家が保証する権利です。
他人は,その登録を受けたものだけでなく,それと類似する範囲まで使用が禁止されます。
貴方が思い描く何らかのブランド(洋服であったり,車であったり,バッグであったり)が全く関係の無い人によって真似されて貴方が購入してしまったらどうでしょうか?
そのブランドを持つ会社は損をするだけでなく商品が粗悪品なら会社や商標の信用も傷つきます。購入された貴方もガッカリです。
このようなことが無いように,国家は商標登録という処分によって強力な商標権を発生させています。
質問に戻る。

Q3.
商標権の長さ(有効期間)は?
登録日から10年間ですが,期間の更新ができます。更新を続けることで商標権を永久に存続させることが出来ます。更新をしないと商標権は消滅します。その後にその商標を使用し続けていて,他人がその商標を登録すると,商標権の侵害で訴えられることもあります。

質問に戻る。

Q4.
商標権の効力とは?

商標には,いろいろな働きがあります。
商品やサービスの目印としての働き,商品・サービスの出所や品質・質を示したり保証したりする働き,よいイメージを広告する働きなどです。

この働きを商標権が守ってくれます。
すなわち,他人が勝手に使用すれば,商標権の侵害としてその使用を差止めたり,生じた損害を賠償してもらったりすることができます。また,信用を回復するための謝罪広告を出してもらうことも可能です。

悪質な場合は,刑事罰が与えられることもあります。法人が故意に侵害すれば3億円以下の罰金,その代表者は10年以下の懲役(又は/及び1000万円以下の罰金)となります。
質問に戻る。

Q5.
他人が勝手に使用をしているようですが?

まず,こちらで他人(相手方)の使用状況を十分確認します。商標権の範囲内で使用しているのかどうかを慎重に判断します。
次に,警告書(タイトルは「伺い書」でも何でもOK)を送り,相手の考えを確認します。
その後,相手方の対応次第で,商標の使用の差止や損害賠償を検討します。
あらかじめ証拠を集めておくことも大事です。
質問に戻る。

Q6.
商標権の類似範囲とは?

商標が「同一」で商品/役務が類似するパターンと,商標が「類似」で商品/役務が同一・類似のパターンがあります。
商標だけが同一又は非常に似ていても商品/役務が異なると類似範囲に入りません。
質問に戻る。

Q7.
商標が類似するとは?

その商標を見て,商品やサービスが同じところから出ているかのような混同を生じる場合に類似するとされます。
商品/役務が同一・類似の場合,それらに対比される商標を付したとき,その商品や役務の出所(提供主体)が同じ?かのような混同を生ずるかどうかです。

その判断要素として,商標の外観が相紛らわしいかどうか,称呼が相紛らわしいかどうか,観念が相紛らわしいか,をその商品/役務の取引の実情を勘案し総合的に判断します。
質問に戻る。

Q8.
外観が紛らわしいとは?

商標の見た目が紛らわしいことで,もっぱら図形からなる商標について判断されます。
「JNOC」と「JNCO」とが紛らわしいとされた例があります。
質問に戻る。

Q9.
称呼が紛らわしいとは?

商標から生ずる呼び名が紛らわしいことで,多くは文字からなる商標について判断されます。
ba」(ピービーエー)と「BA」(ビービーエー)とが紛らわしいとされた例があります。
質問に戻る。

Q10.
観念が紛らわしいとは?

商標から生ずる意味・内容において紛らわしいことで,原則として意味・内容が同一の場合に似ているとされます。
「名奉行金さん」と「遠山の金さん」とが紛らわしいとされた例があります。
質問に戻る。

Q11.
無料の検索サイトで商標の類似の判断は可能ですか?

おおまかな判断は可能ですが,類似かどうかの微妙な判断は困難です。
商標が登録されるかどうかを出願前に確認しようとした場合,商標が得意な弁理士に調査を依頼することをお勧めします。
質問に戻る。

Q12.
商品・役務が類似するとは?

商標との関係で,ある商標を比較する商品について使用したときに商品の出所の混同のおそれがあるか否かで判断します。
具体的基準として,
商品の生産部門,販売部門,原材料が一致するかなどを判断にします。(清酒と焼酎は似ている商品)
役務については,提供の手段,目的又は場所が一致するかどうか,提供に関連する物品が一致するかどうか,などを基準にします。(寿司屋とラーメン屋は似ている役務)
審査では判断を統一するため「類似群」という概念を用いています。同じ「類似群」の「コード」が付された商品/役務同士は類似している,と判断します。
ただし,「類似群コード」が同じでも非類似になる場合や逆の場合もあります。
また,商品と役務とが類似する場合もあります。
質問に戻る。

Q13.
商標の使用とは?

いろいろな使用態様が考えられます。
ア)商品のタグや商品に吊り下げるラベルなどに商標を表す。
イ)レストランの看板や食器類に店の名前(商標)を付す。
ウ)依頼された広告案にデザイン事務所の名前を表す。
ことなどが該当します。

商品の宣伝に会社名と一体になったメロディを用いることも使用になります。
質問に戻る。

Q14.
日本の特許庁に商標登録すれば海外にもその効力は及びますか?

及びません。商標権の効力は日本国内だけです。
海外での商品展開を計画されている場合は、その展開される国ごとに商標権を取得しなければなりません。
多数の国での商標権が必要な場合には国際登録(マドプロ)という制度を利用することができます。
質問に戻る。

Q15.
登録から10年後の商標権の更新に必要な手続は?

特許庁に更新申請書という書面を提出し,同時に手数料を支払います。
支払う手数料は10年分38,800円です(1区分につき)。
更新申請できる期間は、商標権の存続期間満了前6ヶ月から満了の日までです。
更新申請の際に,商標を使用した事実の証明は不要です。
権利期間を更新できるのは商標だけです。特許権,意匠権,著作権などは権利期間の更新はできません。
質問に戻る。

Q16.
なぜ商標にだけ期間を更新する制度があるの?

商標は使用することでその商標に信用が生じます。商標法はこの信用を保護することを目的としています。
その商標に信用が生じている間は保護します。存続期間を限るということは,商標法の目的に反してしまいます。
ただ10年単位で更新制度を設けて商標権を維持する意思を確認しています。
商標を使用していなくても更新はできるので,使われていない商標が登録されたままで弊害が生じていることもあります。
質問に戻る。

Q17.
登録した商標を一部変更したいのですが?

登録した内容を変更することはできません。
登録した商標の一部やデザインを変更して使用すると商標権の範囲外の使用になることがあります。ご注意ください。
なお,色を変えて使用する場合は商標権の範囲内です。
登録を受けた商標が平仮名文字の場合,カタカナに変更するとか,ローマ字に変更して使用することは事実上可能ですが,問題が生ずる場合もあります。
質問に戻る。

Q18.
登録異議申立制度とは?

出願された商標は,審査を経て登録されます。
しかし,審査に過誤(ミス)がある場合もあることから,商標登録後の一定期間内(商標公報の発行日から2ヶ月以内)に,第三者がその登録の取消を求める手続が認められています。
ただ,登録異議の申立てで登録が取消になるケースは少ないです。
質問に戻る。

Q19.
商標権は譲渡(売買)できますか?

できます。譲渡の対価は商標・交渉次第です。有名な商標になると何億円,何千億円もの価値があります。
質問に戻る。

Q20.
商標のライセンスはできますか?

できます。ライセンスできる権利には2種類あります。
商標権者も使えて,ライセンスを受けた人(ライセンシー)も使える「通常使用権」と,取り決めた範囲ではライセンシーだけが使えて商標権者は使うことが出来ない「専用使用権」です。
ライセンス契約の内容は十分検討が必要です。ライセンシーの行為で商標登録が取り消されることもあります。
質問に戻る。

Q21.
商標は一定期間使用しないと取り消されますか?

自動的に取り消されることはありません。
「不使用取消審判」という登録の取消を求める制度があります。この審判は誰でも請求することができます。
この審判が請求され,一定の条件下で商標の使用事実を示すことが出来ないと登録が取り消される場合があります。
ある日突然この審判を請求される場合があります。3年以上,登録した商標を使用していないときは注意が必要です。
質問に戻る。

Q22.
不使用取消審判とは?

一定期間日本国内で正当な理由なく登録商標を使用していないことを理由に何人もその登録を取り消すことを請求できる手続です。
使われていない商標には商標法が保護すべき信用がなく,経済価値がありませんし、他の人の商標選択が制限され商標を使用しようとする者に不利益となります。

この審判の請求があったときは,商標権者(又はライセンシー)は,以下の事実を証明しなければなりません。
(ア)その取消が求められたいずれかの指定商品・役務について
(イ)登録商標を
(ウ)その審判請求の登録前3年以内に
(エ)日本国内において使用した事実又は不使用の正当理由
したがって,登録商標の使用の立証ができるような証拠を3年程度は保管しておくことが望ましいです。

なお,類似範囲の使用では使用と認められず,取消されてしまいます。
ただ,以下に示すような社会通念上同一と認められる商標を使用していれば登録商標の使用に該当すると規定されています。

1. 書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標
2. 平仮名、片仮名、ローマ字を相互変換し、かつ同一の称呼及び観念を生ずる商標
3. 外観において同視される図形からなる商標 
質問に戻る。

Q23.
商標公報とは?

商標公報とは特許庁によって発行された新聞(お知らせ)のようなものです。
商標登録出願中の商標情報を公開する『公開商標公報』と,既に商標権を得た商標情報を公開する『商標掲載公報』の2種類があります。
質問に戻る。

Q24.
登録料を分割して納付できますか?

10年の半分の前期5年分を納付することができます。
商標のライフサイクルが短命ならば,前期5年払いが有効かもしれません。ただ,1年当りの料金は割高になります。
10年分を納付した後,商標を変えたり事業を止めたりして商標権が不要になっても登録料は戻ってきません。
質問に戻る。

Q25.
登録後に住所が変わったのですが?

住所を変更する登録をすることをお勧めします。
上記不使用取消審判の請求があったとき,特許庁は商標登録原簿に登録してある住所にその請求書類を送ります。
住所が変わっていればその書類が商標権者に届かないため,商標の使用事実を証明することが出来ず,知らないうちに商標登録が取り消されてしまう危険があるからです。
質問に戻る。
 以上

商標の部屋へ戻る⇒