特許・実用新案の部屋

*特許・実用新案*
⇒技術的アイデア
実用新案は物品の形状,構造又は組み合わせに係るものです。
(対象が限定されています。)

*特許・実用新案登録のメリット*
(1)積極面:
 ○苦労して改良・工夫された従来と異なる技術を守れる。
 ○他者がマネできないので参入障壁となって価格設定を自由にできる。
 ○他者にライセンスして実施料を得ることができる。
 ○権利があれば貴社に対する信頼度が増し,従業員のモチベーションが上がり,貴社の武器・宣伝ツールとなる。
 ○権利があれば他者の権利と利用関係になるグループに入れるので良い技術を利用出来る環境になる。

(2)消極面:
 ○他人の権利を侵害せず,安心して商品・製品を製造・販売できる。


*特許・実用新案登録のデメリット*
出願すればその技術内容が公になります。なので,ノウハウとして貴重なものは出願せずに秘密状態にしておくこともあり得ます。

 

小さな,ちょっとした形の改良・工夫でも特許権が与えられる場合があります。
一方,出願せず秘密に管理しておいた方が良いアイデア・ノウハウもあります。
また,これから製造・販売しようとする物が他人の権利の侵害になってしまうかどうか心配ではありませんか?

私たちは,これらを要否を検討し,適切な保護を図るお手伝いと権利侵害を回避するお手伝いをいたします。

 出願書類は外国出願の際の翻訳を考えて作成いたします。

特許Q&A⇒

出願業務の流れ⇒
 お打合せから始まるやりとりについて記載しています。

業務内容のご案内⇒